交流・観光拠点施設 喰丸小(くいまるしょう)・大イチョウ

旧・喰丸小学校は、1937年(昭和12年)に建築され、1980年(昭和55年)に廃校となりました。
1992年から2006年まで「喰丸文化再学習センター」として使用されたあと、2013年に公開の映画「ハーメルン」の舞台ともなりました。
幾度の解体の危機をまぬがれ、改修工事を行い、2018年4月に「交流・観光拠点施設 喰丸小くいまるしょう」として生まれ変わりました。

改修前の旧喰丸小学校
改修工事中のようす
春には桜が彩を添えます。
紅葉の時期には大イチョウのライトアップが行われます。

 

校舎内には、木製の机やオルガン、教科書、掲示物、ダルマストーブなど、昭和時代のレトロな備品がいっぱい。開館時間中は自由に見学できます。もちろん写真撮影もOK。

展示やイベント、会議など多目的に使用できる集会室もあり、予約すればどなたでもご利用いただくことができます。

不定期にイベントなども開催されています。最新情報はこちらをご覧ください。

カフェが併設されています

敷地内には、もとの新校舎を改装した「蕎麦カフェSCHOLAスコラがあります。
昭和村矢ノ原高原手打ち十割蕎麦や、オリジナルスイーツを味わってみませんか。

※営業日・営業時間は「喰丸小」とは異なります。

レンタサイクル

電動アシスト自転車の貸し出しを行っています(有料)。詳しくはレンタサイクルのページをご覧ください。

大イチョウ

校舎の前にそびえるのが、喰丸小のシンボルの大イチョウ。樹齢は120年を超えるといわれています。

紅葉(黄葉)の見ごろの時期は、例年10月中旬から11月上旬、長いときは11月中旬まで楽しめることもあります。一方で、霜が降りるほど冷え込んだときは、朝方に一気に散ってしまうことも。

10月中旬から大イチョウが落葉するまでの間は、木造校舎と大イチョウのライトアップが行われます。
時間:17時ごろから21時ごろまで。
※写真では建物内部の照明が点灯していますが、通常は消灯されます。


紹介記事

廃校舎を再生するまでのことについて、Webメディア「灯台もと暮らし」に、詳しい紹介記事があります。

福島民友新聞で紹介されました。

パンフレット

施設情報

正式名称
交流・観光拠点施設 喰丸小
所在地
昭和村大字喰丸字宮前1374

マップコード®
510 828 874*24
アクセス
会津バス昭和村南会津町生活バス喰丸下くいまるしも」下車すぐ
駐車場
普通車80台・大型バス2台(無料)
トイレ
あり
開館時間
9:00~17:00
※校庭・駐車場には時間外・休館日でも入れます。
休館日
年末年始(12月29日~1月3日)
※職員不在のため臨時休館になる場合があります。
入館料
無料
問い合わせ先
昭和村役場 産業建設課 観光交流係 0241-57-2124(喰丸小内)
Twitter
https://twitter.com/kuimarusho
Facebook
https://www.facebook.com/kuimarusho/
Instagram
https://www.instagram.com/kuimarusho/