駒止湿原(こまどしつげん)

駒止湿原は、地理的には昭和村と南会津町にまたがった場所にありますが、メインの入口は南会津町の針生地区にあります。

見どころなど詳しいご案内は、南会津町観光物産協会様のサイトをご覧ください。

お問い合わせ先:


こちらもおすすめ
矢ノ原湿原 手軽に湿原散策や湧き水が楽しめて、特に新緑と紅葉が美しい矢ノ原湿原もおすすめです。
道の駅からむし織の里しょうわから車で約15分、無料駐車場とトイレも完備。

詳しくは☞こちらをご覧ください。

2023年のアクセスについて

2023年は10月31日が最終日、11月1日より閉山となります。

南会津町・田島(針生)側からのアクセス

2023年5月21日開山しました。
詳しくは☞こちらをご覧いただくか南会津町観光物産協会様 電話0241-62-3000にお問い合わせください。

南会津町・南郷側からのアクセス

2023年9月15日に町道駒戸線の災害復旧工事が終了し通行可能となりました。
詳しくは南会津町観光物産協会様 電話0241-62-3000にお問い合わせください。

昭和村側からのアクセス(林道)

2023年9月8日に国道401号新鳥居峠の通行止めが解除され、昭和村側から駒止湿原に入ることができるようになりました。
なお開通後も悪路のためおすすめしておりません。南会津町側からの入場をご検討ください。
昭和村側からのアクセスの詳しいご案内は☞こちらです。

ガイドについて

「駒止湿原案内の会」で行っています。
詳しくは☞こちら(南会津町観光物産協会様Webサイト)をご覧ください。

※昭和村観光協会ではガイドの取り次ぎは行っておりません。