お問い合わせ

0241-57-3700
(当面の間不定休、9:00~17:00)

FAX:0241-57-3701

観光に関するお問い合わせは、村役場の観光交流係0241-57-2124でも受け付けております(平日のみ、9:00~17:00)。

事務局営業日カレンダー(赤色は休業日です)
2021年 10月
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

事務局休業日(喰丸小開館日であればレンタサイクルは貸し出し可能)

メールお問い合わせフォーム


    「喰丸小」の管理運営は、村役場で行っております。
    お問い合わせ先:昭和村役場 産業建設課 観光交流係
    電話番号:0241-57-2124
    渓流釣りにつきましては、漁協にお問い合わせくださいますようお願いいたします。
    野尻川非出資漁業協同組合
    テレホンサービス 0241-54-2130
    組合長 渡部節雄 090-2144-84400241-57-2765
    坂内商店(金山町)0241-54-2123
    宿泊の予約は、恐れ入りますが各施設に直接お問い合わせをお願いいたします。
    宿泊施設のお問い合わせ先は⇒こちらをご覧ください。
    お送り先をご入力ください。

    【お知らせ】
    昭和村観光パンフレットがWeb上でもご覧いただけます





    都道府県・市区町村・地名 郵便番号から自動で入力されます

    番地・マンション名・部屋番号等


    携帯電話のメールアドレスはご利用いただけません。
    パソコンのメールアドレスをお持ちでない方は、恐れ入りますが電話またはFAXでお問い合わせ願います。



    最大500文字まで


    [送信する]ボタンを押すことで、プライバシーポリシーに同意いただいたことになります。
    お送りいただいた個人情報は、一定期間後に廃棄いたします。

    営業日に順次お返事いたします。
    なお、数日いただくことがございます。あらかじめご了承くださいませ。
    営業日に順次お送りいたします。
    なお、数日いただくことがございます。あらかじめご了承くださいませ。

     

    FAQ(よくいただく質問と回答)

    Q.駒止湿原へ、南会津町(田島)からの道路が通行できないと聞きましたが、昭和村からは行けるのですか?

    2021年5月30日(日)7:30に通行止めが解除されました。
    詳しくは「駒止湿原」のページをご覧ください。

    Q.駒止湿原や矢ノ原湿原へ行く路線バスはありますか?

    ありませんので、自家用車かレンタカーをご利用ください。
    最寄りのレンタカー営業所は、会津鉄道会津田島駅近くにある、会津レンタカーさんとNTレンタカーさんです。

    Q.宿泊の予約はどこからできますか?

    宿泊の予約は、恐れ入りますが、各宿泊施設に直接お問い合わせください。
    お問い合わせ先は「泊まる」のページでご案内しています。

    Q.観光パンフレットを送ってもらうことはできますか?

    はい、このページ上部にありますお問い合わせフォームで「パンフレットを送ってほしい」を選んで、お申し込みください。
    (または、電話でもお申し込みいただけます)
    なお、郵送料は原則として当会にて負担いたします。

    Q.電車とバスで昭和村に行く方法を教えてください

    最寄り駅は会津鉄道 会津田島駅と、JR只見線 会津川口駅です。そこから昭和村行きの路線バスが運行されています。詳しくは「アクセス」のページをご覧ください。

    Q.見学できる「からむし畑」はありますか?

    からむし工芸博物館にある「世界の苧麻園」が自由にご見学いただけます。

    Q.見学できる「かすみ草畑」はありますか?

    申し訳ございませんが、見学できるかすみ草畑はありません。

    Q.昭和村から博士山に登るルートはありますか?

    現在は整備されていません。
    柳津町大成沢の登山口をご利用ください。
    詳しくは☞こちら[PDF]をご覧ください。

    Q.イベントに出店させていただくことはできますか?

    「からむし織の里フェア」「からむし織の里雪まつり」につきましては、出店者の募集をしておりません。あしからずご了承ください。
    道の駅からむし織の里しょうわが主催している「ぼっこやま てづくりマーケット」につきましては、☞こちらに募集のご案内を掲載しています。

    Q.「昭和村」の名前の由来を教えてください

    昭和村は旧野尻村と旧大芦村が合併して誕生しましたが、合併した時期が昭和に入ってすぐ(昭和2年)だったため、その年号をとって名付けられました。
    なお「昭和村」という名前の村は、ほかに群馬県利根郡にもあります。また、村ではありませんが、山梨県中巨摩郡に昭和町があります

    Q.山菜やキノコは採取してよいのですか?

    山林には所有者(権利者)がいますので、無断採取はなさらないでください。一部の地区で独自に入山券を販売していますが、当協会ではご案内いたしかねますので、詳しくは現地でお尋ねください(「入山券販売所」などの掲示があります)。